目の下のピクピク ストレス

ストレスのない人はいないでしょう。

 

アレルギーもいろいろなアレルゲンがありますから気をつけないといけません。

 

ストレスが目の下をピクピクされるの?

 

ストレスというのは私たちの体のあちこちに症状を出させます。

 

それは身体がストレスを感じると、最初はそのストレスに抵抗する反応をして
なんとかストレスがあっても暮らしていけます。

 

しかし、「もう無理だ!これ以上ストレスがあると身体がおかしくなってしまう」と感じると、
その無理な状態を訴えるサインをあちこちに出します。

 

 

その1つがまぶたがピクピクするのです。

 

まぶたがピクピクするだけではないのです。
眼瞼痙攣というのは、始めはピクピクだけかもしれませんが
放っておいたら、ますますストレスが溜まってしまい

 

それは眼瞼痙攣も重症化して、刺激感や不快感が増えてきて
まばたきも多くなり、光を眩しく感じたりもします。

 

やがて目をつむっている方が楽だ言っても車を運転したりしたら大変です。

 

最後は機能的失明(手で開けないと見えない)になるのです。

 

ストレスを解消すれば一番いいのですが、とりあえず
目の筋肉の緊張を和らげることが先でしょう。

 

アイアクトは、そういう機能・効能を持っている唯一の
一般に手に入る商品です。

 

アレルギーもまぶたをピクピクされるの?

 

アレルギーの症状は、食べ物が多いですが、それだけではありません。

 

アレルギーの症状には皮膚や粘膜系、呼吸器系、循環器系、消化器系、神経系とさまざまな症状があります。

 

でも基本的には、アレルギーがあるとマスト細胞(肥満細胞)が反応してヒスタミンなどの物質を放出します。
そしてヒスタミンに身体が反応するのがアレルギーです。

 

まぶたの痙攣も、ヒスタミンに反応すれば起こりえるのです。
アレルギー反応の場合は、体の他の部分でも同様に痒くなったり、腫れたりします。

 

ですから目の周りに、目の下がピクピクするだけではなく、痒い、腫れているという場合は
アレルギーが原因としてピクピクを発生している可能性が高いのです。

 

アレルギーだったら、抗ヒスタミン薬か抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が一般的に使われます。
後者は第2世代の抗ヒスタミン薬とも言われます。

 

抗ヒスタミン薬には眠気の副作用のあるもの、ないものがありますし、
飲み方も1日1回あるいは2回飲むものとがあり、多数の種類があります。

 

ただアレルギーの場合は、アイアクトのように安易に薬を呑むのではなく
よく医師に診てもらって、適切な薬を処方してもらいましょう。

 

 

 

 

 

page top