目の下のピクピク 治し方

目の下がピクピクしてきた。

 

そんなことが、ときどきあるのだったら、寝不足だった場合や
目を使い過ぎて、目が疲れている場合にピクピクが起きることがあるのです。

 

寝不足の対処

 

当たり前ですが、寝ることが不足しているのですから
今よりもっとたくさん寝ることが寝不足解消になります。

 

お医者さんに聞くと、最低でも6時間は寝ましょうと言われました。

 

あくまで6時間は最低で、普通は7時間以上は眠るものだそうです。

 

 

ちなみに、必ずしも夜、ベッドや布団で寝るだけではなくて
昼に30分でも眠れればずいぶん違うのです。

 

特に目は、朝からずっと使っていますから
昼に目を休めるのは、とても効果的だそうです。

 

 

目が疲れた時は

 

寝不足でも目が痙攣を起こしますが、寝不足でなくても

 

目が疲れれば、痙攣は起こります。

 

それは体も、マラソンなんかを慣れない人がすると
ふくらはぎが痙攣するなんてあるでしょう。

 

同じです。疲れれば、筋肉が悲鳴を上げているのです。

 

 

具体的には、目が痛かったり、充血していたら疲労してます。

 

それから涙が出る、いつもよりまぶしく感じる、物が見えづらいなんてことも疲れ目です。

 

また、痛くなくても押すと痛いのも目は疲れていますから、瞼が重たくなったりします。

 

 

それから、目ではなく頭痛がしたり、吐き気や肩こりなどの症状がでます。

 

 

疲れ目を和らげるのは、もちろん心も落ち着いて、目をつむって休むのは
体も目も、そして心も疲れが取れていいのですが
なかなかそういう生活はできないですね。

 

3つ、普通の生活をしながら、目を疲れさせない方法を紹介します。

 

1.連続してずっと目を使わないようにします。

 

具体的には、デスクワークなどで何時間も書類を読んだりする時などが危ないです。

 

小学校は1時間ごとに休憩がありましたね。
あれと同じくらいが、目にもいいのです。

 

1時間も目をずっと疲れたら、最低5分間、できれば15分間
遠くの景色を見たり、近くでも植物などを見たりすると目がホッとします。

 

2.温泉とマッサージ

 

体も疲れたら、お風呂や温泉に入ったり、マッサージをしたりしますよね。

 

目も同じことを求めています。

 

温泉と書いたのはおかしいですが、目(眼球)やその周りを
温めることをするのです。

 

具体的には、暖かいタオルを目の上にあてて温めます。
お風呂と同じように、血行が改善されますから
疲れが早く改善されます。

 

マッサージは、目の周りの筋肉に軽くマッサージをすることです。

 

 

3.薬を使う

 

薬と言っても、誰でも知っている目薬です。

 

目薬は涙を出させて、ゴミを出すことが主に使いますが
実は水分を補給して、目を潤すこともしてくれるのです。

 

ですから、疲れた目には目薬を使うこともオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top